【KH】株式会社基陽 > 売れる!陳列POP事例 > 具体的な数字を使う【POPキャッチコピーの書き方③】

具体的な数字を使う【POPキャッチコピーの書き方③】
2016.08.03【 売れる!陳列POP事例

こんにちは!売れる売り場つくり お手伝いし隊の毛利です!

 

今回は、【キャッチコピーの書き方】のポイントの4つ目

「 具体的な数字を使う 」

についてお話します。

 

「すっごく」とか「たくさん」という言葉を使っているPOPを見かけたことはありませんか?

 

「すっごく」とか「たくさん」という言葉は、便利で使いやすいのですが、

抽象的なので実は伝わりにくい言葉なんです。

 

そこで、ぜひ 「具体的な数字を使う」ということを試していただければと思います。

 

どこかのアニメキャラじゃないですが、「動きが3倍速い!」と言われたら、

ただ単に「すっごく速いです」というより、速さが伝わりやすいですよね。

 

昨年の2倍とか、同種類の工具で第1位とか、○○グラム軽い、

などの言葉をキャッチコピーに書き込むだけで立派なPOPになります。

 

ここで事例を二つご紹介します。

 

 

 

岡山県 I店さま。

「1,000回の叩き掛けにも耐えられる頑強な構造!」

「1,000回」という具体的な数字を書くことで、どれくらい頑強なのかが

伝わりやすくなっているPOPです。

 

 

 

 

千葉県A店さま。

 

POPに、このアイン小フックがどれくらい強靭なのかを、

 

「・・・~縦に30kN、横に12kNまで堪え得る構造です。・・・」

 

と、具体的な“kN”(キロニュートン)の数字で書かれています。

 

ただ、具体的に数字を入れる場合は、無理をして数字を入れようとすると不自然になってしまうので、

注意が必要です。

なので、このポイントに関しては、可能ならば取り入れていただくという形が良いかと思います。

 

ぜひ、お試しください(●^o^●)

 

 

 

以上、繁盛支援・売れる売り場つくり お手伝いし隊の毛利でした!