安全帯・腰ベルト・作業バッグ・ハーネス製造 株式会社基陽

【KH】株式会社基陽 > カリスマバイヤーへの道 > 啓蒙活動大国 日本!~使用せよ!で動きますか?~

啓蒙活動大国 日本!~使用せよ!で動きますか?~
2016.08.11【 カリスマバイヤーへの道

こんにちは!「建設イケメン職人応援し隊」の石橋です!

 

今回は、「啓蒙活動大国 日本!」 ~使用せよ!で動きますか?~

と題して、安全帯着用の啓蒙 についてお伝えします。

 

 

日本はあらゆるところで 事故や病気の予防ポスターを目にします。

 

画像元:環境省

 

画像元:厚生労働省

 

 

 

啓蒙活動につきものなのがポスターや看板類です。

 

馴染みの深いところでは、冬のインフルエンザ流行時期の手洗い運動や、

省エネの一環としての節電などがあります。

 

 

ポスターや看板類を多岐にわたり掲げているにも関わらず、

毎年のようにインフルエンザ患者が増加したり、

節水・節電を呼びかけ続けるのは何故でしょうか?

 

インフルエンザ啓蒙ポスターの例では、手洗いの仕方や予防方法の説明は充実していますが、

その結果 “得られるメリット” の記載の欠けたポスターが見られます。

 

マーケティングで例をあげると、

商品のPOPに自社の商品機能がいかに優れているかというコピーが延々と続き、

肝心の「お客様にとってのメリット」が抜けているという事がよくあります。

 

商品を提供する側の思いと顧客の購入のきっかけ がズレている為に、

チャンスロスを起こしている例が多々見られます。

 

 

では、建設現場ではどうでしょう?

再開発工事現場に大きな垂れ幕。

そのコピーは「ここでは必ず安全帯を使用せよ!」です。

 


 

 

画像元:楽天 ホームページ

 

これでは“命令”だけで、その結果、安全帯を着用することでどんなメリットがあるかという

作業員への動機付けが見られません。
ここに動機付けを提供する“北風型”と“太陽型”の2つの選択肢があります。

 

【北風型】 「安全帯を着用しないと、悲しむ家族がこんなにいます」

【太陽型】 「安全帯を着用することで、家族の安心した笑顔が見られます」

 

あなたなら、どちらのコピーを選んで、工事現場で働く大切なお客様を啓蒙しますか?

 

 

 

次回は「プロ向けから家庭にも浸透するブランドへ」についてお伝えしていきます。

 

「建設イケメン職人応援し隊」の石橋でした。ありがとうございました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。