安全帯・腰ベルト・作業バッグ・ハーネス製造 株式会社基陽

【KH】株式会社基陽 > 売れる!陳列POP事例 > 売れる・反応の出るPOPの書き順

売れる・反応の出るPOPの書き順
2016.09.07【 売れる!陳列POP事例

こんにちは!売れる売り場つくり お手伝いし隊の毛利です!

 

前回のブログで、POPを書く順番が大切だとお話させていただきました。

 

今回は、では、どのように書けばいいのか、についてお話します。

 

まず、「売れるPOP、反応の出るPOP」の定義、

「 POPは商品名から書かない 」

 

  1. キャッチコビー

 

  1. リードコピー

 

  1. 商品名

 

最後に価格(スペック的な要素)、

 

という順番で書いていきます。

 

最初のキャッチコピーでお客さんの目に留めてもらいます。

 

商品名では、なかなか目に留まらないので、キャッチコピーの5つのポイントを意識してお客さんの心を掴むコピーを入れましょう。

 

そして、そのキャッチコピーのリードコピー(補足説明)を書いて、

さらに興味を持ってもらって、その上で、商品名、価格の順番で書いていただくと

POPがより効果的になっていきます。

 

例えば、こんな感じです。

↓  社内での『POP勉強会』のお題は、 りんご  でした。 ↓

 

 

 

 

社内でも この順番でPOPを書く練習をしてみたのですが、

商品名から書いてしまう人、続出でした。

 

 

そういう時は、最初に一番下に商品名を書いてください。

 

そうすれば二度商品名を書くわけにはいかないので、最初にキャッチコピーを書くことができます。

 

 

ぜひぜひ、お試しください♪

 

こんなPOP作ったよ!とか、こんな効果あったよ!などのお声をいただけると

本当に嬉しいです(^O^)/

 

 

以上、繁盛支援・売れる売り場つくり お手伝いし隊の毛利でした!

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。