安全帯・腰ベルト・作業バッグ・ハーネス製造 株式会社基陽

鋸(のこぎり)の特徴
2016.09.15【 カリスマバイヤーへの道

こんにちは!「建設イケメン職人応援し隊」の石橋です!

 

今回は、「鋸(のこぎり)の特徴」 をお伝えします。

 

 

鋸と言えば、歯形が特徴的ですが、

歯にまつわる言葉に「なげし」と「あさり」があります。

 

「なげし」とは木目に対して直角に切る横挽き鋸で、

繊維を断ち切るために刃に傾斜を付けた部分のことです。

 

%e7%9f%b3%e6%a9%8b-19-1

 

 

 

「あさり」は鋸がひきにくくなることを防ぐために

各刃先を左右の外側に向けて刃先の間の幅を広げています。

 

 

 

%e7%9f%b3%e6%a9%8b-19-2

 

「あさりを出す」という表現がありますが、

この由来は物と物を交差させる「あざう」という表現が転じて

「あさり」と言うようになったと言われています。  のこぎりにまつわる奄美大島の ことわざ に

 

「鋸(のこ)の歯(ふぁ)や生きむん」という言い伝えがあります。

 

「のこぎりの歯は生き物で、寿命は手入れ次第」という内容で、

「ものは大切に取り扱い、粗末にしない」という意味です。

 

 

のこぎりの歯が転じて人生の格言になる程、鋸の奥深さに驚かされます。

 

道具は、生活と密着に結び付いている分、変遷に無駄がなく、洗練と奥深さを感じます。

ぼく石橋も 道具や時間を 大切にしながら成長をしたいと 反省の日々です。

 

鋸の由来や歴史を少し調べましたが、とても学びになり 良い機会を頂きました。

 

 

さて 次回は「A+A 2015 国際労働安全機材・技術展」についてお伝えします。

 

「建設イケメン職人応援し隊」の石橋でした。ありがとうございました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。