【KH】株式会社基陽 > カリスマバイヤーへの道 > アメリカで躍進するホームセンター

アメリカで躍進するホームセンター
2016.10.27【 カリスマバイヤーへの道

今回は「アメリカで躍進するホームセンター」についてお伝えします。

 

「建設イケメン職人応援し隊」の石橋です!

 

アメリカのホームセンターといえば、

「ホーム・デポ」と、「ロウズ」が有名ですが、

隠れた成長企業として「トラクターサプライカンパニー」があります。

 

出所:トラクターサプライカンパニー ホームページ

 

今年(2016年)75周年を迎え、アメリカで1,465店舗を展開し、

売上57億ドル

純利益3.7億ドル

純利益率6.5% と高収益な点は注目です。

 

大型ホームセンターに比べて目立たないのは、

お客様を「週末に農作業や牧畜を楽しむ人が集まる小さな集落」に絞り込んで、

特定のエリアに小型店を出店しているからです。

 

そうすることで、大型ホームセンターとの

市場のすみ分けをしています。

日本のホームセンターは、DIYからガーデニング、自動車・電化製品・生活雑貨など、

よろず屋的なカテゴリー展開が見られます。  サービス面では、

セミナーを開催したり、ウェブ上でアドバイスを提供し、

「趣味としての農作業の楽しみ方」を提案しています。

 

カテゴリーや 地域を絞り込み 大型ホームセンターと切り分け、

様々な工夫で お客様に愛されるお店 になっているのですね!

トラクターサプライカンパニー社 (http://www.tractorsupply.com/

 

次回は「外国人も注目する作業着」についてお伝えします。

 

「建設イケメン職人応援し隊」の石橋でした。ありがとうございました。