安全帯・腰ベルト・作業バッグ・ハーネス製造 株式会社基陽

【KH】株式会社基陽 > カリスマバイヤーへの道 > 作業着を着る人のライフスタイルを提案

作業着を着る人のライフスタイルを提案
2016.11.17【 カリスマバイヤーへの道

 

ここは本屋?CDショップ?作業着を着る人のライフスタイル提案。

 

 

「建設イケメン職人応援し隊」の石橋です!

 

 

1990年台、渋谷は 音楽発信基地 として

タワーレコード、HMVといった レコードショップ大型店 が立ち並び、

輸入盤CDが一世を風靡していました。

 

インターネットの普及でCDの販売数は

1998年をピークに半分以下まで減り、

大型店は街から消え、売り場は縮小していきました。

 

好きな曲をダウンロードして聞くのが当たり前になった現在、

一度 渋谷の街から消えた 「HMV」 が、

店名を 「HMV & BOOKS TOKYO」 と変えて、

渋谷モディ 5階から7階のフロアに テナント出店。

 

 

 

全フロア 売り場の割合は、

 

3割 … CD

7割 … 本・雑貨

 

と、なっています。

 

このように、CD、本、雑貨 などを 複合した売り場 は最近多くなりました。

 

 

別の事例では、

CD・DVDレンタルのTSUTAYAが 蔦屋家電を出店。

 

本やCDの販売フロアを取り囲むように 家電売り場 が広がっていて、

売り場の垣根を感じさせない構成になっています。

 

 

これらの店舗に共通するのは、

 

「モノを売る」 のではなく

「文化というライフスタイルを売っている」 という点です。

この二つのお店は いつも大勢のお客さんで賑わっています。
 

作業着関係の売り場でも

 

「作業着を売る」 という視点から

「作業着を着る人のライフスタイルを売る」 という視点に変えることで、

 

集客アップに繋がるかもしれませんね。

 

 

お客さんを想ったPOPの作り方を コチラ でご紹介しています。

是非お立ち寄りください!

 

 

 

次回は「工具の歴史 ドライバー編」についてお伝えします。

 

「建設イケメン職人応援し隊」の石橋でした。ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。