【KH】株式会社基陽 > カリスマバイヤーへの道 > 工具の歴史 ドライバー編

工具の歴史 ドライバー編
2016.11.24【 カリスマバイヤーへの道

「工具の歴史 ドライバー編」についてお伝えします。

 

 

 

「建設イケメン職人応援し隊」の石橋です!

 

至る所にある  「ネジ」

そのパートナー 「ドライバー」

 

 

部品の固定方法に、溶着、接着、リベット など様々ある中、

これだけ多くのネジが使われるのは、

 

ネジを締めたり、緩めたりすることで、部品の脱着が簡単!

という点にあります。

JIS規格で 「ねじ回し」 と呼ぶ 「ドライバー」。

 

海外では 「スクリュードライバー」 と呼ばれ、

もともと 「ターンスクリュー」 という呼び名でした。

 

ターンが 「ひねる」 ネジが 「スクリュー」 で、

文字通り「ねじ回し」。

 

 

「ねじ」 と 「ねじ回し」は、

1400年代 ドイツの書籍の挿絵に登場していることから、

この頃に誕生したと見られています。
 

ドライバーの先端は、主に(+)と(-)の二種類あります。

 

わざわざ二種類に分かれているのはなぜでしょう?

 

 

(-)のネジ穴

メリット:間に合わせの物でネジを回すことができる。

デメリット:ただし強い力をかけるとネジ穴が変形する。

 

(+)のネジ穴のメリット

ドライバーが滑りにくいので、しっかり固定出来る

ドライバーの先にネジがハマり、作業が片手で出来る

 

 

現在では、三角形・六角形・星形 などの形状や、

盗難防止構造のネジ、専用ドライバーもあり、進化 が止まらないですね!!

 

そういえば、KHの進化工具袋シリーズも、進化 を続けています。

 

↓ KH進化シリーズ  ↓

 

<SA08K>

 

↓進化バンブルシリーズ↓

<BA08K>

 

次回は「ご安全に! その起源は意外なところに」 についてお伝えします。

 

「建設イケメン職人応援し隊」の石橋でした。ありがとうございました。