【KH】株式会社基陽 > 売れる!陳列POP事例 > すごい!お店様ご紹介 「お客様のためにどう表現する?」 1番星飾磨店様

すごい!お店様ご紹介 「お客様のためにどう表現する?」 1番星飾磨店様
2017.08.25【 売れる!陳列POP事例

すごい!お店をご紹介!

こんにちは!

繁盛支援お手伝いチームの仲上です。

 

このチームでは、全国のKHの代理店様を訪問して売り場のご紹介や、こだわりの陳列・POP・お店作りについて発信していきます。

第三弾は、

おしゃれかっこいいお店、1番星 飾磨店様をご紹介します。

 

入って最初に目に入ったこのマネキンとPOP。目を引きます!

「高所作業をされているあなた」の『あなた』を色付けして強調して呼びかけていることで、きっとハーネスなどを探されている方には響きますよね。

同店に入った最初のイメージは、「かっこいい」でした。

モノトーンのイラストPOPや陳列にも統一感があり、お洒落な感じもします。

手書きホルダーの絵を発見。

お伺いすると、絵を描くのが得意な方が進んで描いて下さるそうです。

「こういった絵が欲しい」と提案すると、色々とイメージを伝えてくれ、そこから膨らまして、「何を伝えるべきか」を議論し共有することで、こういったイラストになるそうです。

かっこいいホルダーの右下にお星様のキャラクターが。

他のPOPにもこのお星様はいらっしゃいました。ほのぼのできる瞬間です。

 

そして、ふと安全帯のコーナーに行くと、こんなPOPが。

これは、安全帯を訴えかける最高のシチュエーションです。(不謹慎ですみません)

こういう状況にならないように、命を守るためにも安全帯は必要です。

 

色々、見学をしながらお話をしていく中で、姫路南店様でもお話した内容が出てきました。

 

「適当な説明はできないので、分かりやすい比較表やPOPがあれば、とても嬉しいです。」

 

今は、カタログを拡大コピーしたり、長さの説明をPOPにして追加したり、色々工夫をされておられます。

セット内容など、それぞれの差が分かりやすいタグやPOP。これは重要課題です。

 

最後に、モノトーンでおしゃれかっこいい店舗の陳列は、とても男性らしく、

でも女性が一生懸命陳列しているのが、より素敵に感じました。

 

「棚の高さがあるので、どうやって陳列するのがベストか・・・。」

 

最後に、そんな言葉を伺ったとき、色々な仕組みや工夫を考えていく店舗の皆様の

努力をとても感じました。

 

高さをどうより良い陳列につなげていくのか・・・。

沢山モノを並べるのがベストか、それともPOPをうまく並べて分かりやすく陳列するのがベストか・・・。

 

その店、その店で今必要な売り方を考える。

私たちもそのお手伝いが少しでもできればと思っています。

 

以上、繁盛支援お手伝いチームの仲上でした!

 

一番星 飾磨店様の詳しい情報はこちら↓

http://www.ichibanboshi.jp/shikama.html

お近くにお住まいの方、ぜひぜひ、足を運んでみてください(^O^)

KH繁盛支援お手伝いチームでは、今後お伺いさせていただける店舗さん募集中です!
また、POPなどもご用意できますので、ご入り用の方はお問合せフォームよりご連絡ください。

【 問い合わせフォーム 】 はこちら