「 やり切る。当たり前。正確に。 」 鉄筋 職人さんインタビュー | 腰袋・安全帯のKH 製品情報サイトby株式会社基陽

「 やり切る。当たり前。正確に。 」 鉄筋 職人さんインタビュー

「 やり切る。当たり前。正確に。 」鉄筋職人さんインタビュー

建設イケメン職人応援発信し隊の山下です!

KHは月に数回、職人さんの声を伺いに出かけています。

直接や電話、メールやSNS などでも色々と訊かせていただいています。

皆さんからのお声もお待ちしています。

今日の職人さんは、鉄筋工事西森さん

KH:仕事をされて何年ですか?

西森さん:30年くらいだよ。

KH:良く使われる道具は何かありますか?

西森さん:ハッカーは良く使うね。必需品ですよ。

あとは、スケール、差し金と、安全帯。

KH:ないと困る、というような道具は何かありますか?

西森さん:ハッカーは良く使うので、ないと困りますね。

KH:そうなんですね。では、大事にされてる道具は何ですか?

西森さん:やはりハッカーかな。

あとは、腕。この腕前。

KH:一番は、腕前ですね!道具を選ばれるポイントは、どういうところですか?

西森さん:使いやすさ、だね。

買う時も、かなり試してから買います。店の人にも聞くし。

人気だから、とか新しいから、では買わないですね。

KH:仕事では、どのようなところを大切にされていますか?

西森さん:正確にする。基礎だから。

きちんとして、当たり前。

やるべきことだから、きちんとします。

KH:そうなんですね。きちんとされるうえで、ここは譲れない、というような

点はどのような所ですか?

西森さん:やはり、正確に、丁寧に、手早く、ですね。

これは皆に声掛けしています。

良くなかったら注意もするし。やり直しもする。

もちろん。

KH:ご自身では、大切にされているもの、とは何ですか?

西森さん:大切なもの、もちろん、家族ですよ。何よりも。

KH:何よりも、ですね、では将来、ご家族で叶えたい夢など何かありますか?

西森さん:子供は、一人立ちしたし、あとは何かな。

二人でゆっくりしたいかな。その為に宝くじでも当たれば良いかな。

渋い、男前。

後輩に慕われる いぶし銀の 西森さん。

「 え、写真? 撮るの? 魂 抜かんといてよ。 」

カメラを向けると 豪快な笑い声と笑顔を収めてしまう 男前。

「 やる事は、やる。やり切る。それで、当たり前。 」

言い切る口調の強さに職人の心意気を気持ち良く感じました。

現場を担っている責任感。思わず、頭が下がります。

こんな方々がものづくりの根幹を背負っておられるんだと、しみじみ有り難く感じました。

ありがとうございます。

作業の時は、寡黙に。

自分のやるべき事を、自覚しながら実直に進めていかれる西森さん。

後輩の職人さんから、「 尊敬する人は、西森さん。 」と慕われ、

西森さんは 「 そんな軽いこと言うな、10年早い! 」 と返しておられました。

ご協力、ありがとうございました。