職人の声~ラチェットレンチ | 腰袋・安全帯のKH 製品情報サイト by株式会社基陽

職人の声~ラチェットレンチ

今回もKHテクノロジー炸裂です。

こんにちは!吉岡です!

そもそもラチェットレンチとは、ボルトを力強く締めたり、
硬く締まったボルトを緩めたりする道具だと思いがちです。
もちろんメイン作業はそうですが、前後の作業では細かい作業が欠かせません。

緩み始めや・締め始めのボルトは、左右どちらにも回転してしまい、
ラチェットレンチ本来の動きに対応しきれません。

そんな時、油の付いた革手袋のまま駒を回すのですが、
「滑ってうまく回せない」とKH営業マンが作業現場で職人さんに直接聞きました。

その声、確かに頂きました!とばかりに改良されたのが、

駒部にローレットを施したホールディング加工です。

手袋をしていても雨が降っていても、手回しが容易に出来て一連の作業がスムースにこなせます。
これもKHテクノロジーの一つです。
すなわち、職人さんの声=KHテクノロジーなんです。

動きによって輝く、シルバーメッキのミラータイプ
重厚感あふれるシックなブロンズタイプ

ワンランク上のステータス!ちょっと言い過ぎ?

でも、カッコいいでしょ(^u^)

他にも工夫満載です!

駒の内部に砂埃等が侵入しにくい、埋め込みワッシャーを採用。
衝撃に強く 抜け落ちしないキノコ状のカシメ軸を使用。など、細部にまでのこだわりようです。

紹介しながら、ますます惚れちゃいました(#^.^#)

皆さんからの生の声をお待ちしております。

次回もお楽しみに!
吉岡でした。