[進化シリーズ誕生編]③ | 腰袋・安全帯のKH 製品情報サイトby株式会社基陽

[進化シリーズ誕生編]③

こんにちは、山崎です。

前回に引き続いて、工具袋について書きます。

「進化シリーズ」のもう一つの魅力はそのデザインです。
これには山形県の鶴岡という地に今でも残っている貴重な文化財、
「火消し半纏(はんてん)」が大きく影響しています。

もともと「鳶職」と呼ばれる高所作業者の名称は、火事の消火活動を行っていた江戸時代の「火消し」に由来します。

今でも出初式には威勢のいい「木遣り(きやり)」の歌と共に、彼らが纏(まと)っている衣装こそが、火消し半纏です。

全ての高所作業者への尊敬の念をデザイン込めて作り上げたのが、「進化シリーズ」です。

特徴は
1.黒生地の裏面は「緋色(ひいろ)」
2.表面に縦一本の緋色のライン
3.テーピングには縞模様のテープを使用

緋色とはとび色とも呼ばれ、まさに鳶職の色です。
火消し半纏は、黒い表生地の裏に緋色の色に豪華な刺繍が施されています。
火の粉を打ち払う為の表生地と、無事鎮火した後の凱旋行進の時の裏生地。
無事鎮火したら、着物を裏表着替えて颯爽と帰っていく。

その気高い彼らの様を、ぜひ現代の「鳶職人」に味わってほしい。

そんな思いが込められているのです。

売場に黒いバッグばかりが並んでいた時代に、このデザインは遠くからも目を引き、多くの方に手にして頂きました。

使いやすさと格好よさの両立。

それが「進化シリーズ」を大きく支えています。

進化シリーズ「SA14K」はこちら

次回は 
「シリーズ名の由来」について書いて参ります。
これからもよろしくお願いします。
山崎でした。

 
[次の記事はこちら!]
[進化シリーズ]シリーズ名の由来
[進化シリーズ]改良ポイント
[前の記事はこちら!]
[進化シリーズ誕生編]①
[進化シリーズ誕生編]②