安全帯・腰ベルト・作業バッグ・ハーネス製造 株式会社基陽

【KH】株式会社基陽 > 最新情報 > 基陽の「社会貢献主義」について

基陽の「社会貢献主義」について
2018.10.10【 最新情報

私たち基陽は三主義を掲げています。

 

『社員第一』『お客様本位』『社会貢献』の、三主義です。

 

今回は、社会貢献について少しお話します。

 

会社に人が集まり、社会の公器となっていきます。

 

今、基陽で毎日

笑顔で一緒に走り続ける仲間たちの話を聞いていると

『めっちゃ、基陽のメンバーが好き』

『みんなを見てるとわたしも、頑張ろ!って思うんです』

なんて言ってくれています。

 

そんな一人ひとりの健気な姿勢を見ていると

この会社をもっと強くしていこう、と改めて考えます。

 

まず、公器としての会社を守り、安定し、地域に根差す。

これが第一の社会貢献だと感じています。

 

そして、応援し続けて下さるお客様と共に、

製品をさらに強く使いやすくする。

これも安全用品のメーカーとしての使命です。

 

 

まだまだ、克服すべく課題は山積です。

 

例えば、高所での事故。

または、雪下ろしでの事故。

 

他にも沢山の課題がありますが、

製品は、モノでありコトでもあります。

そこにあるコト(課題)を解決するモノ。

お声を聞きながら、一緒に考え続け、思いが伴う製品を届け続けます。

 

1995年、阪神淡路大震災。

兵庫にありながら、幸いにも被害は少なかった基陽でしたが、

国内に留まらず、海外からも慰労と励ましのお声や支援物資を届けて頂きました。

 

私たちも、お取引様に電話すると、さまざまに困っておられました。

「水が出ない」「電気が復旧しない」「寒い」「バイトくんと連絡がつかない」。

翌朝、水を入れたタンクをトラックに詰め込んで配って回りながら、

連絡のつかない基陽の社員さんの自宅へ行くと、家は全壊。前に張り紙。

書いてあった近くの体育館に行くと、そこに避難されていて、

その後、半年ほど基陽の社屋二階で生活されていました。

 

2011年、東日本大震災。

若い社員さんたちが

「報道を見るのが辛い。今すぐにでも手伝いに行きたい」と言ったことがありました。

その時に、社長が穏やかに言ったのは、

「そう思う人は多い。だけど、全員が行ったらどうなる。

私たちは、ここで経済を廻す。そして、日本を守るんだ」という言葉でした。

 

自分たちが出来ることをここでやる。

 

県庁より支援物資提供の連絡があり、

マスクや靴、防寒具などトラック5台分提供させて頂きました。

 

 

災害大国の日本は、また今年も

南で北で、水害や雪害、地震が起きています。

 

兵庫は温暖な気候で、雪害は縁遠いと考えていました。

ですが、兵庫でも雪害で亡くなる方がいます。

 

http://www.fdma.go.jp/bn/2018/detail/1029.html

↑↑ 総務省消防庁サイト「今冬の雪による被害状況等(H29.11.1~H30.3.31)」

 

基陽は、新潟県の大学と共同で雪下ろしのハーネス(命綱)を作っています。

雪下ろしの際、もともとは登山用の安全帯を使っていたそうです。

使う方は、年配の方が多い。

寒い中、手袋をはめても使いやすい雪下ろしのハーネスで

雪害を減らしたい、という熱い思いを雪氷化学の教授から始めて話を伺い、

即、製作に取り掛かりました。

 

作り始めて4年目に先生から喜びの電話が、

「消防庁の速報、見た?被害が減っている!」

先生が啓蒙活動に力を入れている新潟の被害が1/3に減少していました。

 

重い雪。雪下ろしは生活の一部です。

日本は豪雪地帯に都市部がある世界でも珍しい国です。

寒い中、孤独に亡くなっていく人を減らしたい。

これからも、声を聞きながら雪下ろしハーネスの改良を続けていきたいと考えています。

 

 

新しい技術との融合、製品の開発・改良、地域や行政への寄付など貢献活動の継続。

自分たちの使える手段が、社会の困難解決、減災に繋がるように

これからもお声を聞きながら、尽力していきたいと考えています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。