安全帯・腰ベルト・作業バッグ・ハーネス製造 株式会社基陽

建設マンと、師匠と、社員さんと、つながりの中で生きている
2019.09.18【 最新情報

◆『建設マンと、師匠と、社員さんと、つながりの中で生きている。』◆

今日、ある建設マンから電話を頂きました。取り次ぎの際、知らない方でしたので、少し不思議に感じながら、電話に出ました。「自分の部下が、お菓子を沢山もらったので、お礼が言いたくて」 とのことでした。最近、お菓子を差し上げた建設マンはいないので、その建設マンの優しい声を聞きながら、思い当たること考えておりました。

先週、“人生の師匠”と尊敬している先生に、ご挨拶に伺いました。失礼する際に、先生と秘書の方と私の3人で、外に出ると向かいのビルが工事中、忙しそうに現場を見上げ、指示を出している建設マン。

↑気温33℃の中、溶接作業をしている職人さん

 

現場監督の方にも愛用されている進化バック

 

KHじゃばらストレッチハーネスを装着して作業していたので、思わず声をかけました。その建設マンは岡田さん。可愛い顔をした30代くらいの男性で、手を止めて、丁寧に話をしてくれました。横にいる警備員さんもニコニコされていて、つい長く会話を続けてしまいました。どこで買った、使い心地、等々を熱心に聞かせて頂き、嬉しくて「あぁ、お礼に何か差し上げたいのだけど、何も持っていなくて」とつい言うと、後ろにおられた師匠が一言、「あなたの名刺を渡しなさい」。そして、今日の電話です。師匠が、秘書の方に言って、お菓子を沢山差し入れて頂いたようでした。

私に電話をつないでくれた女性社員さんも、先にその建設マンから話を聞いてくれていて、「自分のビジョンにも通じていて、とても嬉しかった」とキリッと語ってくれました。彼女のビジョンは『横のつながりを大切にし、感謝し広げていく』 だそうです。
ビジョンを大切にしてくれる社員さん、黙ってお菓子を差し入れてくださった師匠、そして、差し入れのお菓子のことを上司に伝えた建設マン岡田さんと、電話をくださった上司の方。ひとりひとりがカッコいい。

私たちの理念にある“共に栄える”という言葉。
ひとつひとつをていねいにつなげると、大きな喜びになります。ひとつひとつをていねいに。まさに建設マンの仕事、そのものでもあります。これからも、応援し、伴走していきたいと考えています。